お知らせ

NEWS

2021.11.10 メディア

当事務所の道下 剣志郎弁護士が、「バーチャルシティコンソーシアム」に有識者として参画しました。

この度、当事務所の道下 剣志郎弁護士が、「バーチャルシティコンソーシアム」に有識者として参画しました。

 

 

この「バーチャルシティコンソーシアム」は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠様)、東急株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高橋 和夫様)、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 雅広様)、一般社団法人渋谷未来デザイン(所在地:東京都渋谷区、代表理事:小泉 秀樹様)が、誰もが安心して都市連動型のメタバースを利活用するためのガイドラインの策定などを目的に、2021年11月9日に発足させたものです。

 

本コンソーシアムは、2022年春に展開予定のプラットフォーム構想「バーチャルシティ」などでの利活用に向けて、オープンに議論、調査研究を行い、ガイドラインの策定や情報発信に取り組みます。

 

昨今、「メタバース」と呼ばれるインターネット上に構成される仮想空間での生活やビジネスが注目されており、「バーチャルシティ」においては、実在都市と仮想空間が連動し、ともに発展していく新たなまちづくりを目指しています。一方、「バーチャルシティ」の発展には、バーチャル空間と実在都市の両方の視点から、ステークホルダー間の諸権利の整理やコンプライアンス指針の策定など、課題解決のための仕組みづくりが必要になります。

 

当事務所の道下 剣志郎弁護士は、日本発メタバースの発展に向けて、オープンに議論・調査研究を行い、ガイドラインの策定や情報発信することを目的として活動して参ります。

 

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2021/11/09/5522.html