代表挨拶

SAKURA法律事務所は、「お客様に最高品質のリーガルサービスを提供することを通じて、法曹インフラの発展に寄与する。」を基本使命として、2020年1月に設立されました。

当職らは、SAKURA法律事務所設立以来、法律実務発展のリーダーとなる人材を社会に供給するプラットフォームとしての役割を果たすことを常に念頭に置きながら、最高品質のリーガルサービスを提供できる体制づくりに努めてまいりました。

また、SAKURA法律事務所の弁護士及びスタッフは、お客様に満足していただける最高品質のリーガルサービスとは何かを絶えず自問自答し、お客様にとって最も価値のある選択肢を提供できる組織づくりを行ってまいりました。

昨今、AIやブロックチェーンなどの技術革新、グローバル化の進展、高齢社会の到来、社会経済の急速な変化等に伴い、弁護士に求められる役割は、今まで以上に高度かつ複雑になっています。また、司法制度改革、裁判手続きのIT化、法曹養成制度の見直しなどにより、法曹界自体も、内部から変革を遂げようとしております。

このような時代に、SAKURA法律事務所に求められているのは、絶え間なく変化する社会のニーズを敏感に察知し、恐れずに大胆かつ柔軟な発想で切り込む気概と、法の支配を社会の隅々にまで浸透させ、誰しもが法曹インフラである弁護士を気軽に利用することができる環境の整備であると考えます。

この時代の大きな転換期に、SAKURA法律事務所は、専門性と総合力を更に高め、弁護士及びスタッフが一丸となり、お客様に対して、最高品質のリーガルサービスを提供できるよう、研鑽を重ねて参る所存です。

SAKURA法律事務所代表弁護士

道下 剣志郎、宮本 武明

基本使命

SAKURA法律事務所では、「お客様に最高品質のリーガルサービスを提供することを通じて、法曹インフラの発展に寄与する。」ことを基本使命としています。SAKURA法律事務所の弁護士は、お客様が何を大切にしているのかを理解し、お客様の利益が最大となるような最高品質のリーガルサービスを提供いたします。

また、SAKURA法律事務所は、法律実務発展のリーダーとなる人材を社会に供給するプラットフォームとしての役割を果たすことをお約束いたします。具体的には、以下の4つのアプローチをもって、基本使命の実現に努めます。

Creating More Value
私たちは、お客様に対して、戦略的・長期的な価値を創造し続けることで、お客様の将来の成功を支えることをお約束します。
Delivering The Right Choices
私たちは、常にお客様目線を意識し、お客様を深く理解し、広い視野から最良の解決方法を検討することで、お客様にとって最も価値のある選択肢を提供し続けます。
Top Quality
私たちは、高い専門性と総合力を持つ弁護士が、互いの強みを活かし、各々の経験や法的知識を相互補完し合うことで、お客様に対し、最高品質のリーガルサービスをワンストップで提供いたします。
Cross Border
国際的な案件における強みは当事務所の特色の一つです。複数の法域が交錯するクロスボーダー案件への取り組みを通じ、日本の世界的地位の向上に貢献いたします。

事務所沿革

2020年1月
西村あさひ法律事務所出身の道下剣志郎弁護士及びアンダーソン・毛利・友常法律事務所出身の宮本武明弁護士が、東京都千代田区にてSAKURA法律事務所を開設。

会社概要

名称 SAKURA法律事務所
設立 2020年(令和2年)1月
代表弁護士

道下 剣志郎(みちした けんしろう)
第一東京弁護士会所属

宮本 武明(みやもと たけあき)
第二東京弁護士会所属

オフィス

東京オフィス
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2丁目5−11 神保町センタービルB1
[TEL] 03-6910-0692
[FAX] 03-6910-0693

弁護士数 2名
取扱分野

法人: 商取引・契約法務、コーポレートガバナンス・コンプライアンス、危機管理、医療法務、不当要求、AI法務、M&A・組織再編、ベンチャー支援・上場支援、ITビジネス法務、削除請求・風評被害、税務関係、訴訟対応、当局対応、労務問題、知的財産、クロスボーダー案件、事業承継、不動産関係、事業再生・倒産処理、顧問弁護士サービス、債権回収等

個人: 離婚、交通事故、相続・遺言、成年後見、消費者被害、労働問題、債務整理、不動産関係、削除請求・誹謗中傷、刑事事件、不当要求、民事介入暴力対策、医療事件、債権回収、国際弁護サービス、危機管理案件、個人の顧問弁護士等