SAKURA法律事務所は、スタートアップ段階から成長・安定期までのあらゆる法人のお客様に対して、企業活動に求められる高度な専門性を要するリーガルサービスをご提供いたします。

スタートアップ段階から成長・安定期までのあらゆる法人のお客様へ

AIやブロックチェーンなどの技術革新やグローバル化の進展に伴い、めまぐるしく変化を続ける現代社会において、企業活動に関連する法的規制等も例外なく変化し続けております。こうした法的規制等の変化を敏感に察知し、恐れずに大胆かつ柔軟な発想で切り込んでいくことが、現代社会を生き抜く企業にとって必要不可欠になってきました。

SAKURA法律事務所は、ビジネスの現場におけるスピード感を大切にし、法的観点は当然のこと、商慣習、会計、税務、ビジネストレンド等にも留意しつつ、スタートアップ段階から成長・安定期までのあらゆる法人のお客様に対して、経営判断に資する的確なリーガルサービスを提供いたします。

また、SAKURA法律事務所の弁護士は、法人のお客様のお話を十分にお伺いし、何が問題となっているかを法的に分析・整理し、個々の事案に即した最良の解決方法を提案することで、法人のお客様にご安心いただけるよう尽力いたします。

法人のお客様から案件を受任した後も、電話・メール・LINEなどによる適時適切なコミュニケーションを取りながら、迅速かつ最善の解決に繋がるように、案件対応を進めてまいります。

SAKURA法律事務所は、商取引・契約法務、コーポレートガバナンス・コンプライアンス、危機管理、医療法務、不当要求、AI法務、M&A・組織再編、ベンチャー支援・上場支援、ITビジネス法務、削除請求・風評被害、税務関係、訴訟対応、当局対応、労務問題、知的財産、クロスボーダー案件、事業承継、不動産関係、事業再生・倒産処理、顧問弁護士サービス、債権回収等の分野にも精通しております。

また、案件によっては、公認会計士、税理士、司法書士、医師、フォレンジック業者などの他の専門職と密接に連携しながら、法人のお客様にとって最高のリーガルサービスを提供するように常に心がけています。

SAKURA法律事務所は、法人のお客様が何を大切にしているのかを理解し、法人のお客様の利益が最大となるような最高品質のリーガルサービスを提供し続けます。

ご依頼の流れ

1法律相談のご予約

まずは法律相談のご予約をしていただきます。ご予約方法は、お電話、お問い合わせフォーム、メール、LINEをご利用下さい。ご予約のご連絡をいただいた上で、ご相談日当日に持参していただく資料等をお伝えし、法律相談の日時を調整させていただきます。なお、SAKURA法律事務所では、土日祝日、夜間などの法律相談も承っております。

2法律相談の実施

法律相談においては、SAKURA法律事務所の弁護士が、お客様のお話をご事情を十分にお伺いした上で、何が問題となっているかを法的に分析・整理し、個々の事案に即した最良の解決方法を提案いたします。また、法律相談の際には、依頼される際に必要となる弁護士費用等についても丁寧にご説明いたします。

3事件のご依頼

お客様が事件をご依頼いただく際には、委任状及び委任契約書を作成させていただきます。また、事件をご依頼いただく段階で、着手金(弁護士が案件に対応するために支払う弁護士費用の一部)をお支払いいただきます。なお、SAKURA法律事務所は、タイムチャージ方式(弁護士が委任を受けた案件処理のため要した時間に、当該弁護士の1時間当たりの料金を乗じて、弁護士費用を算出するもの)による費用算定も承っております。

4事件への着手

お客様に事件をご依頼頂きましたら、SAKURA法律事務所の弁護士が、事件の解決に向けて動き出します。事件の解決には、弁護士とお客様との信頼関係・コミュニケーションが必要不可欠です。SAKURA法律事務所の弁護士は、お客様と電話・メール・LINEなどによる適時適切なコミュニケーションを取りながら、迅速かつ最善の解決に繋がるように、案件対応を進めてまいります。

5事件の解決

事件終了後は、SAKURA法律事務所がお客様からお預かりしていた書類などを全てお返しいたします。また、事件が終結し、一定の成果を得た場合には、報酬金(事件が終了したときに、結果の成功の程度に応じて支払う弁護士費用の一部)をお支払いいただきます。