弁護士宮本 武明Miyamoto Takeaki

弁護士としての姿勢や在り方

はじめまして。SAKURA法律事務所弁護士の宮本武明です。

私は、日本最大手のアンダーソン・毛利・友常法律事務所において、弁護士としてのファーストキャリアをスタートさせ、金融法務、不動産法務、一般企業法務、クロスボーダー案件等の幅広い業務に従事して参りました。

私は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所において、大変多くのことを学びましたが、今後も弁護士として忘れてはいけないのは、依頼者様に提供するリーガルサービスへの、細部まで一切抜かりのない姿勢であると考えてます。弁護士として、依頼者様に対して、適切な法解釈に基づく大枠の方針を示せるのは当たり前であり、その上で、徹底的なリサーチに裏打ちされた抜かりないプロダクトを提供することが、最高品質のリーガルサービスの本質であると学びました。

全ての人が新しい価値を提供し続ける環境

法律はしばしば新しい挑戦の壁として立ち塞がります。

法律の役割は、衝突する対立利益を調和させることで、既存の利益を保護することにあるので、法律が壁となる事態が生じることは致し方ないことです。

しかし、面白いアイデアは、法的・社会的に許容される限り、表に出ていかなければならず、その具体化や実用化を、法律の誤った解釈・適用で妨げられるという事態はあってはならないと考えています。

私は、全ての人が新しい価値を提供し続ける環境が整備されていることが良い社会の条件であると考えており、弁護士として依頼者様にアドバイスするに当たって、攻めの姿勢を忘れないよう、常日頃心掛けています。

なお、逆説的のようですが、挑戦し続ける上で最も重要なのは、まずは守りの基盤を固めること、すなわち徹底したコンプライアンス体制を構築することだと考えています。

皆様の挑戦を最大限サポートするべく、継続的に最高品質のリーガルサービスが提供できるよう日々研鑽を重ねる所存です。

経歴

2012年
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2015年
慶應義塾大学法科大学院法務研究科卒業
新司法試験合格
2016年
弁護士登録(第二東京弁護士会)
2017年
アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所
2020年
SAKURA法律事務所開業